気で自分らしく生きる
「道=TAO」

自分らしく生きたいという事を、誰でも一度は思ったことがあることでしょう。

人間は自分らしく生きてこそ、最も楽しく、そして幸せに生きることができるのではないでしょうか。
そして、本物の人生とはこういことではないでしょうか。

しかし誰もがそう思いながらも、自分の置かれた境遇や周りとの人間関係、過去の嫌な思いなどに邪魔をされ、自分らしく生きることができません。

そこで何とか周りの環境を変えようとか、勉強し自己啓発をして人生を開くチャレンジをする人も沢山いらっしゃいます。

しかし、いくら周りの環境を変えても、何万冊の本を読んで考え方を改めても、本当の意味で人生を開くことはできません。

なぜなら、自分の人生を作っているのは、自分自身の「からだ」だからです。

いくら沢山の本を読み、色々な人の話を聞き、考えをあらためても、
からだが辛かったり、弱かったりしたら、自分の本当にやりたい事がなかなかできません。

まずは、からだを自分らしい自然な状態に戻さないことには、本物の自分らしい人生には成り得ないという事です。

いや自分は今のままで充分自分らしく生きている、という方もいらっしゃるかも知れませんが、
そういう方も、何かを我慢し、何かと戦いながら頑張られているのではないでしょうか。

でも、そんなに頑張らなくても、そんなに我慢しなくてもいいのです。

もちろん誰でも、時には頑張ることも我慢することも必要になります。

しかし、いつも肩肘を張って頑張ったり、我慢し続けたりしていたら、
心にもからだにも常に負担がかかり、幸せも遠ざかってしまいます。

これでは本当に自分らしい生き方とは言えません。

では本当に自分らしく生きるとはどういうことかと言いますと、
それにはまず心とからだを自然な状態にすることが基本です。

心とからだが常に自然な状態であれば、頑張り続けなくても、我慢し続けなくても、本当の自分らしい自分になれるのです。

そんな簡単に言うけれど、と思われるかも知れませんが、できる方法があるのです。

それには「道=TAO」を知り、自分の「」を高め、気を理解することが最も簡単で近道です。

「道=TAO」は宇宙の法則をあらわし、「気」は宇宙のエネルギーです。

宇宙なんて言うと大げさに感じられるかも知れませんが、「タオイズム」(道=TAOの思想)では、人間の身体は宇宙の中の一要素(小宇宙)と考えます。

からだの中の宇宙のエネルギーである「気」が弱ったり、滞ったりすれば、心もからだも不調が生じるというのがタオイズムの考え方です。

無理に頑張り続けたり、我慢を続けると、この宇宙のエネルギーである「気」が弱ってしまうのです。

逆に宇宙のエネルギーである気が高まり、全身に気が滞りなく巡るようになれば、自然とからだの不調も消え、心も安らかに何事にも動じない、本来の自分らしい心とからだになるというものです。

この道家道学院のサイトを訪れ、「タオイズム」に出会ったあなたは、ぜひ宇宙の法則「道=TAO」を知り、宇宙のエネルギーである「気」を高めて、自分らしく自然な心とからだを作り、本物の幸せな人生を歩んでみてください。

→タオイズムで何が変わるか?

気のトレーニングの道家道学院
個別入学説明会のお申し込みは
全国 道学院案内

資料請求・お問合せはコチラ

運営元 道家道学院
事務局フリーダイヤル
TEL:0120-64-6140
全国道学院案内
入学・コースについて
資料請求・お問い合わせ
メールマガジン購読
TOPページへ

Copyrights (C) 2013 NIHONDOKAN All rights reserved.

[an error occurred while processing this directive]